小島の手帖

持続可能なライフスタイル 化学的ストレスから守る 大人の責務

持続可能なライフスタイルについては、「地球環境にやさしい生活」だけではなく、制度、インフラ的、社会文化的な取り組みが必要と考えています。

まず向かうべき方向は「地球にやさしい」ではなく、「当世代、次世代の子供たちにやさしい」であるべきと考えています。

私たち大人の生活様式を規制しながらあおっている社会制度、企業指向、経済的欲望などが外界的には戦争や汚染などを起こしています。その見返りとしての社会、経済そして化学的なストレスが人間、とくに無力な子ども(胎児含む)と母親(候補ふくむ)にかかっています。

上の図で、私たちプラスチックフリージャパンはまずは、「化学的ストレス」から子供たちを解放したいと考えて行動していきます。

ご支援、ご意見をいただきたく思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る